最低月収基準:上海が2420元で最高

人力資源社会保障部は10日、全国各地の最低月収基準(2018年9月時点)を発表した。上海の最低月収基準は2420元で全国最高となり、上海、広東、北京、天津、江蘇、浙江の6都市が2000元の大台を突破した。

『最低給与規定』によると、最低給与基準は最低月収基準と最低時間給基準を採用する。最低月収基準は全日制労働者、最低時間給基準は非全日制労働者に適用。

31都市のうち、上海の最低月収基準は全国最高の2420元となった。

上海、広東、北京、天津、江蘇、浙江の6都市の最低月収基準が2000元の大台を突破。

最低時間給基準:北京が24元で最高

最低時間給基準については、北京、上海、天津、広東が20元の大台を突破。

うち、北京の最低時間給基準は全国最高の24元となった。次に高いのは上海で21元。3位は天津で20.8元、4位は広東で20.3元。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2018年10月11日