インターネットドメインシステム北京市工程研究センターは中国科学院で12日、中国人技術者が先頭に立って起草したサイバーセキュリティ協定が国際社会に受け入れられ、インターネット国際技術標準になると発表した。また、演算速度が世界最速のDNS(ドメインネームシステム)サーバーを発表し、中国のインターネットコア技術におけるイノベーション力を紹介した。これは、中国のインターネットコミュニティによる世界インターネット技術の発展への貢献となる。

インターネットの応用が進むにつれ、セキュリティ問題がより浮き彫りになっている。最初のサイバー協定に欠点があるため、インターネット上に「偽基地局」の問題が存在する。犯罪者がインターネット放送の偽IPアドレス、または他人のIPアドレスを利用し、通信量を自分のサーバーに移すという手口が横行している。

インターネット上の偽アドレスによる「セキュリティホール」問題を解決するため、インターネット技術タスクフォース(IETF)は2012年にインターネット経路を認証するリソースPKI(RPKI)を発表した。IETFが今回発表した技術標準RFC8416は、この認証メカニズムのローカルセキュリティ操作を実現する。この技術標準の最初の起草者は、インターネットドメインシステム北京市工程研究センターの上席研究員の馬迪博士。

同センターの毛偉主任は、「現在のRPKIは世界に配備されている。これはインターネット通信の土台となるセキュリティのバージョンアップで、サイバーセキュリティの保障と管理に大きく影響する。中国人専門家が起草した協定がコア協定として受け入れられることは、中国のインターネットコミュニティが世界サイバー管理に深く関わることににつながる」と述べた。

会議では、演算速度が世界最速のDNSサーバーも発表された。このサーバーはインターネットドメインシステム北京市工程研究センターが自主開発し、処理速度は毎秒800万回に達し、海外主流メーカー製の同類システムの1.6倍に相当する。このサーバーはドメインシステムへのDDoS攻撃に対応し、プロバイダのサイバーセキュリティレベルを引き上げることができる。

インターネット設備の国産化は、中国の技術者と業界が取り組んできた部分である。会議で、インターネットドメインシステム北京市工程研究センターと中科曙光は初の国産DNSサーバーを発表した。このサーバーのシステムソフトウェアはドメイン工程センターが自主開発したドメイン解析システムを搭載し、ハードウェアは曙光の国産CPUシステムサーバーを使用している。このサーバーはドメイン解析基盤ソフトの国産チップ搭載を初めて実現し、国産チップの使用の幅を広げた。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2018年9月14日