今年は「中国・ASEANイノベーション年」だ。9月12日に広西チワン族自治区南寧市で開幕した第15回中国ASEAN博覧会(東博会)と中国ASEANビジネス・投資サミットは、「21世紀海上シルクロードの共同建設、中国ASEANイノベーション共同体の構築」というテーマをめぐり、展示やフォーラムなどのイベントを通じて、経済貿易・イノベーション・国際生産能力など多くの分野で協力を深め、中国とASEANの全方位的な実務協力レベルの向上を後押しする。

中国ASEAN博覧会は開始から15年、中国ASEAN自由貿易区の始動・建設・高度化の各段階の発展のニーズに応じて、展示会のバリューチェーンを広げ、貿易投資の協力推進から金融・税関・物流・産業団地・科学技術・文化など多くの分野での協力けん引まで良好なシナジー効果を発揮し、双方の企業と人々に着実に利益をもたらした。

今回の博覧会では、中国企業の特定テーマ商品分野でのリピート出展率が40%、投資協力とサービス貿易分野のリピート出展率は84%に上り、新たな有名企業の出展を促進、市場の集客力は一段と高まった。カンボジア・インドネシア・ラオス・マレーシアなど8つのASEAN諸国はそれぞれ自国の展示館を構える。域外諸国の展示ブース申請は計画を43%上回る。タンザニア・スリランカ・パキスタン・オーストラリアなど19の中国ASEAN「10プラス1」のほか、「一帯一路」関連諸国から合計114社が出展し、各国の特色ある商品を展示する。今回の博覧会に出展する企業は合計2780社と、前回を2.6%上回る。

博覧会と同時開催のビジネス・投資サミットは、すでに中国ASEAN間の政府と企業の対話・経済貿易協力・地域経済の融合推進の重要なプラットフォームとなっている。今回のサミットは、既存のブランドを強化するとともに、既存モデルを刷新し、豊かな活動内容となった。

2009年に始まったASEAN諸国首脳と中国企業CEOの円卓対話会はすでに10回目となったが、中国企業のベトナム・インドネシア・マレーシアなどASEAN諸国での大型協力プロジェクトの契約を後押しし、契約額は累計で480億米ドルを超えた。

9月11日、第15回中国ASEANビジネス・投資サミットの枠内でカンボジアのフン・セン首相と中国企業CEOの円卓対話会が南寧市で開かれた。今回の対話会は「中国カンボジア経済貿易協力、共同的発展の実現」をテーマに、金融・電力・産業団地・プロジェクト契約・通信などの分野で80億米ドル超のプロジェクト協力を目指す。

カンボジア首脳と中国企業CEOの円卓対話会のほかにも、今回のサミットは中国ASEAN経済界の交流協力を推進する方針で、第1回「一帯一路」新経済発展フォーラム・中国ASEAN経済界リーダーフォーラム・第1回「一帯一路」青年リーダーフォーラム・中国ASEAN商事法務協力シンポジウム・中国ASEANクロスボーダー電子商取引発展フォーラムなどの重要イベントが開催された。これらは双方のビジネス界のイノベーション分野での協力強化への意欲を反映しており、企業の経済貿易投資・インフラ相互接続・生産能力などでの全方位的な協力をサポートし、中国ASEAN自由貿易区のアップグレード版がより多くの成果を挙げ、双方の企業と人々に恩恵をもたらすよう後押しする。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2018年9月14日