台風21号の影響で、日本関西国際空港の輸送力は通常の2割のみとなっている。日本国土交通省の要請を受け、付近の2空港が12日、70便の振り分けに応じた。

関西空港は日本で乗客数が3位の空港で、1日平均で約8万人にのぼる。2017年度に、関西空港では毎日平均、国内便と国際便が計515便就航していた。同空港は近年、多くの外国人客を集めている。うち多くが中国、韓国、東南アジア諸国。

台風21号の影響を受け、関西空港の滑走路、駐機場、第1ターミナルなどの施設に海水が流れ込み、4日午後に空港が閉鎖された。被害が少なかった第2ターミナルでは、国内便が7日、国際便が8日に再開された。

しかし関西空港の現在の輸送力は、通常のわずか2割となっている。航空各社からの要請を受け、国土交通省は付近の大阪(伊丹)空港と神戸空港に70便の振り分けを求めた。

伊丹空港周辺10都市の職員でつくる「大阪国際空港周辺都市対策協議会」は12日に会議を開き、国土交通省の要請に応じ、関西空港の毎日40便の振り分けに同意した。神戸市は現地の神戸空港への30便振り分けに同意。これらの便には国際便が含まれる。

国土交通省は伊丹空港の営業時間を午前7時〜午後9時までから、午前7時〜午後10時までに延長することを希望していた。大阪国際空港周辺都市対策協議会は、伊丹空港周辺は住宅街が密集しており、住民が騒音の影響に耐えられないとして、この要請に応じなかった。便に遅延が生じた場合のみ、午後9時以降の入港を特例で認めるとした。

伊丹空港と神戸空港は定期国際便がないため、国際便の振り分けにより税関及び出入国管理員を派遣する必要がある。

関西空港は海上の埋立地にある。台風にさらわれたタンカーが4日、空港と外界を結ぶ連絡橋に衝突した。橋の道路の一部が断裂し、損壊した。空港は外界から一時隔絶された。共同通信によると、空港職員を含め、約8000人が一時足止めを受けた。

関西空港株式会社の山谷佳之社長は8日の記者会見で、第1ターミナルは1週間内に営業再開する見通しだが、すべての国際線の再開がいつになるかは不明とした。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2018年9月14日