米国のペンス副大統領は国防総省で9日、米国が2020年までに第6の軍となる宇宙軍を創設すると発表した。

アメリカ国家宇宙評議会の代表者でもあるペンス氏は同日、「宇宙構造には根本的な変化が生じている。トランプ大統領は宇宙軍の創設により、米国の宇宙分野における統治力を確保し、米国の安全と繁栄を維持しようとしている。宇宙軍の創設は、米国の軍事力の新たなアップグレードを象徴する。米国は2020年までに宇宙軍を創設する」と述べた。

「トランプ氏は来年2月に発表する新年度予算草案に、宇宙軍創設の予算を計上する。連邦政府と議会は同問題について協力を展開し、宇宙軍の地位を新たな国防権限法案の中で正式に確認することを目指す。トランプ氏はこれから、宇宙軍創設のより多くの詳細内容を公表する」

国防総省は9日、米議会に宇宙軍創設案を提出した。同案によると、米軍は前段となる米宇宙コマンド、宇宙開発局、宇宙作戦部隊を創設し、宇宙軍の組織構成を決め、既存の資源・技術・人員を統合する。また国防総省は宇宙軍の事務を担当する次官補をつける。

宇宙軍の創設は、トランプ氏が就任後に貫いてきた軍事改革目標の一つだ。トランプ氏は今年3月、この目標を国防戦略に盛り込んだ。トランプ氏は6月、宇宙軍創設の手続きに入るよう国防総省に指示した。

マティス国防長官は今週、宇宙軍創設の決定を完全に支持し、関連手続きを実行中だと表明した。メディアは、これはマティス氏が宇宙軍は「重複建設」という態度を変えたことを意味すると指摘した。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2018年8月10日