4日間にわたる海上公試を終え、アジアの巨艦・自己航行式浚渫船の「天鯤号」が6月12日、江蘇省の啓東造船所の埠頭に戻った。

海上公試の期間中、「天鯤号」の動力、推進システムなどの設備は海洋環境テストをクリアした。「天鯤号」は「重機」と言え、全長140メートル、最大掘削深度35メートル、浚渫量は毎時6000立方メートルに達する。これは1時間でサッカーコート1.5面分にわたり50センチ掘り、砂・石・海水の混合物を最長15キロ離れた場所に輸送できるということである。「天鯤号」は自動浚渫、制御、自動操縦を実現した。

この巨艦は電力で動き、2台の位置測定装置を搭載。世界のどの海域でも航行でき、沿海、遠洋の港での浚渫作業と埋め立てに使用できる。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2018年6月13日

4日間にわたる海上公試を終え、アジアの巨艦・自己航行式浚渫船の「天鯤号」が6月12日、江蘇省の啓東造船所の埠頭に戻った。

海上公試の期間中、「天鯤号」の動力、推進システムなどの設備は海洋環境テストをクリアした。「天鯤号」は「重機」と言え、全長140メートル、最大掘削深度35メートル、浚渫量は毎時6000立方メートルに達する。これは1時間でサッカーコート1.5面分にわたり50センチ掘り、砂・石・海水の混合物を最長15キロ離れた場所に輸送できるということである。「天鯤号」は自動浚渫、制御、自動操縦を実現した。

この巨艦は電力で動き、2台の位置測定装置を搭載。世界のどの海域でも航行でき、沿海、遠洋の港での浚渫作業と埋め立てに使用できる。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2018年6月13日

4日間にわたる海上公試を終え、アジアの巨艦・自己航行式浚渫船の「天鯤号」が6月12日、江蘇省の啓東造船所の埠頭に戻った。

海上公試の期間中、「天鯤号」の動力、推進システムなどの設備は海洋環境テストをクリアした。「天鯤号」は「重機」と言え、全長140メートル、最大掘削深度35メートル、浚渫量は毎時6000立方メートルに達する。これは1時間でサッカーコート1.5面分にわたり50センチ掘り、砂・石・海水の混合物を最長15キロ離れた場所に輸送できるということである。「天鯤号」は自動浚渫、制御、自動操縦を実現した。

この巨艦は電力で動き、2台の位置測定装置を搭載。世界のどの海域でも航行でき、沿海、遠洋の港での浚渫作業と埋め立てに使用できる。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2018年6月13日

4日間にわたる海上公試を終え、アジアの巨艦・自己航行式浚渫船の「天鯤号」が6月12日、江蘇省の啓東造船所の埠頭に戻った。

海上公試の期間中、「天鯤号」の動力、推進システムなどの設備は海洋環境テストをクリアした。「天鯤号」は「重機」と言え、全長140メートル、最大掘削深度35メートル、浚渫量は毎時6000立方メートルに達する。これは1時間でサッカーコート1.5面分にわたり50センチ掘り、砂・石・海水の混合物を最長15キロ離れた場所に輸送できるということである。「天鯤号」は自動浚渫、制御、自動操縦を実現した。

この巨艦は電力で動き、2台の位置測定装置を搭載。世界のどの海域でも航行でき、沿海、遠洋の港での浚渫作業と埋め立てに使用できる。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2018年6月13日