仏駐中国大使館は先ごろ北京で開催した「フランスの魅力」と題した記者会見で、フランスの観光客誘致に向けた最新の措置を重点的に説明した。

フランスのジャンモーリス・リペール駐中国大使は、「フランスは世界最大の観光地で、2017年は約8900万人の外国人観光客が訪れた。フランスの目標は、2020年までに毎年1億人の観光客を迎えることだ。フランスは5年連続で中国人観光客の欧州ツアー渡航先第1位となり、2017年は前年比19.3%増の200万人の中国人観光客が訪れた」と説明した。

中国人観光客に人気のパリ、コートダジュール、プロヴァンスのほかに、フランスは中国市場で海外領地レユニオン島などのような、比較的小規模だが質の高い旅行体験ができる観光スポットを広めたい考えだ。

リペール大使は中国人観光客が懸念するセキュリティ問題について、「フランスは訪仏客の安全を確保するためにあらゆる努力をしている」と語る。そして、「観光客の安全は仏政府観光計画の重要な組成部分だ。同計画は、ホテル・交通網・観光スポットの安全確保に力を入れ、エッフェル塔・トロカデロ広場エリアの警備を強化するほか、観光スポットでは監視カメラも設置している。フランス警察は中国人観光客対象に安全のための小冊子も作成した。これらの措置が奏功し始め、2017年のパリ地区での強盗事件は前年比で25%の大幅減となった」としている。

フランスは中国本土で効率的で便利なビザ発給サービスを実施しており、48時間以内に即時発給が可能だ。

中国人観光客向けのサービスも改善され、空港や一部の観光地では中国語の標識、博物館では中国語のガイドシステムが設置されているほか、一部の大型ショッピングセンターでは支付宝での支払いが可能となっている。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2018年5月16日