日本国際救援チームのメンバーだった糟谷良久さん(写真右)と医師の中島康さん。

2018年5月11日、四川大地震日本国際救援チームのメンバーだった糟谷良久さんと医師の中島康さんは11日から14日にかけて、「四川大地震10周年国際シンポジウム・第4回大陸地震国際シンポジウム」に参加し、北川の被災地を再び訪れた。両氏は15日、チャイナネットの記者の取材に応じ、感想を語った。

中島康さんは、「10年後に北川を再び訪れ、旧市街地から車で40分の距離にある平原地帯に新北川県城が建設され、被災した多くの場所がそのままにされているのを目にした。これは日本と違う方法だが、非常に意味のあること。残すことで当時発生した全てのことを後世に伝えることができる」と話した。糟谷良久さんも、「このような方法は、震災の恐ろしさと防災の重要性を後世に伝えることができる」と述べた。

2008年5月12日、中国の四川省でマグニチュード8.0の大地震が発生し、その破壊力は世界に衝撃を与えた。震災後、日本政府は中国政府の必要に応じ、日本国際協力機構(JICA)を通じて61人からなる国際緊急救援チームを派遣した。当時、日本の救援チームは北川県中心部とそこからやや離れた北川中学校を中心に救援活動を展開した。地震で壊滅し余震が続くという厳しい状況の中で被災者の命を救うために懸命に作業する救援チームの姿、遺体発見時に哀悼する姿は中日両国で反響を呼んだ。

日本の救援チームの撤退後、日本政府はJICAを通じて23人からなる国際医療チームを派遣した。医療チームは成都市内の華西医院を拠点に、中国側スタッフとともに急診、放射性、ICU、血液透析、産科、薬剤などの分野で作業した。救援活動中に華西医院を訪れた温家宝元総理は、日本政府と人民に感謝の意を表した。

JICA中国事務所の副所長の糟谷良久さん。

四川大地震の発生後10年間、日本は被災地への援助と指導を停止したことはなかった。JICA中国事務所の副所長を務める糟谷良久さんによると、ここ数年、JICAと中国国家地震局、四川省政府、被災地の地方政府は四川省の震災後の森林植皮回復、建築物の耐震技術者の育成、震災後の心理支援人材の育成、中日による地震救援能力強化計画、四川減災教育・能力建設モデルの5つのプロジェクトの研究と指導を共同で行い、中国の防災専門家の育成を目指している。雅安の120校の学校では減災教育、安全教育訓練、減災教育模範授業を実施した。またJICAは中国の児童に防災・減災の絵本を読んでもらうため、中国語版『釜石の奇跡』の導入出版を支援した。

中国語版『釜石の奇跡』

糟谷良久さんは、「中国は我々の隣国であり、中日間に長期にわたる交流の歴史があるからこそ、私たちは災害発生後最初に被災地に駆けつけ、この10年、被災地支援を続けてきた。隣人に困難があれば助けなければいけない。2011年の東日本大震災の時も中国は最初に救援チームを派遣し、私たちに大量の救援物資を援助してくれた。中日両国が隣人を助けることは当然のこと」と話した。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2018年5月16日