中国の両会(全国人民代表大会と中国人民政治協商会議)開催に当たり、在中国シンガポール大使のスタンレー・ロー氏はこのほど、『新華網』の単独取材を受けた。同大使は、「一帯一路」構想が中国と周辺国に新たなチャンスをもたらし、中国とシンガポールの将来的な発展の焦点になると話した。

新華網:中国共産党第19回全国代表大会(第19回党大会)の開催後初となる中国の両会について、あなたは、どのようなテーマに注目していますか?

スタンレー・ロー氏:経済関連のテーマに注目しています。シンガポールと中国の経済・貿易分野の協力は非常に深厚で、中国の今後5年間の経済・貿易発展戦略をみれば、シンガポールが中国との協力において経済分野に重点を置くべきことが分かります。

新華網:中国とシンガポールには多くの協力プロジェクトがあり、華夏幸福などの中国企業がシンガポールにグローバル本社を設立しました。こうした協力プロジェクトの進捗状況を教えて頂けますか?

スタンレー・ロー氏:シンガポールと中国は、様々なレベルで多くのプロジェクトがあります。もちろん、最高レベルは両国政府間の協力で、蘇州工業パークや天津生態城、重慶相互接続プロジェクトなどがあります。これらのプロジェクトは、とても順調に進んでいます。

蘇州工業パークは、比較的成熟したプロジェクトで、20年余りの歴史があります。シンガポールは今後、両国が「一帯一路」構想でつながることができるかどうかを模索し、蘇州の合弁会社を利用して第三国発展プロジェクトに関わりたいと考えています。

天津生態城は今年、10周年を迎えます。全体計画が最近も少し更新されました。シンガポールは今年、新たな計画にもとづき、天津生態城プロジェクトを進めます。

重慶相互接続プロジェクトもこのところ順調に進んでおり、着手から2年余りで金融、物流、航空分野がいずれも大きく進展しました。

こうした国家レベルのプロジェクト以外に、企業主導や政府支援の多くのプロジェクトがあり、広州知識城、南京生態科技島、吉林食品区がこの1-2年で進みました。

企業では、あなたが触れたように中国企業がシンガポールで本社を設立しています。数日前に阿里巴巴もシンガポールに研究センターを設立しました。こうしたプロジェクトは「一帯一路」構想に対応しており、将来的に両国の発展において「一帯一路」が焦点になると思います。

新華網:あなたは、「一帯一路」構想が中国とシンガポール、世界にどのような影響を及ぼすと考えていますか?

スタンレー・ロー氏:シンガポールは比較的早期に「一帯一路」構想を支持した国であると同時に、積極的に投資しています。中国商務部の統計によると、中国から「一帯一路」沿線国に対する投資のうち3分の1近くがまずシンガポールに流入し、シンガポールの対中投資も「一帯一路」国家の対中投資総額の85%を占めています。

「一帯一路」構想は中国経済と企業に多くのチャンスをもたらし、同時に周辺国・地域経済にもチャンスをもたらします。ウインウインとなって、皆で発展の成果を共有することができるでしょう。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2018年3月13日