3月9日、成都市崇州市白頭鎮五星村で、菜の花畑を撮影する写真愛好家。初春の3月の四川省の大地は黄金色の菜の花、真っ白なスモモの花、緑の小麦畑が民家、道路、川などと合わさり美しい農村風景になる。近年、四川省は「農業+生態+観光」などの形式を通し、生態観光地を構築し、農業・生態・観光などの産業融合を推進し、「花」を媒介とした「美」経済の構築と農村発展に力を入れている。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2018年3月13日