広東省珠海市の万山無人船海上試験場の建設が10日、正式に始まった。計画によると、アジア初の無人船海上試験場である万山無人船海上試験場は竣工後、世界で面積が最大の無人船海上試験場となる。

第1期の調整用試験場は21.6平方キロメートルの海域を占める。第2期の性能試験場は750平方キロメートルで、総面積は771.6平方キロメートル。

同試験場は、計画海域付近の島嶼にネットワーク、通信、ナビゲーション、光電、自動停泊埠頭などの試験場所とインフラを整備する。計画海域で各種船舶向けの多次元的な測定・試験シーンを設計する。これには自動障害物回避、合同編隊、遠隔操作、自主作業、警戒・巡航、通信試験などが含まれる。

同試験場はさらに、「3−5年内に、中国の無人船先進技術研究開発、標準及びマニュアルの研究・策定、製品技術検査・認証サービス、応用・模範のハイテク基地になる」という発展目標を発表した。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2018年2月13日