調査機関の最新報告によると、2017年第3四半期のiPhoneの利益率は低下したが、世界一を維持した。2位はサムスン。国産携帯電話の利益率はやや上昇し、華為(ファーウェイ)がランクインしたが、全体的にまだ低く、iPhoneの4分の1程度である。

iPhoneの利益率が低下

調査会社のカウンターポイント・リサーチが発表した最新報告によると、2017年第3四半期のiPhoneの利益は1台あたり151ドル、利益率は前年同期の86%から60%に低下。アップルのシェアは大幅に縮小したが、スマーフォン業界の利益の半分以上を占めている。

アップルの利益減少は、主にサムスンの市場シェア拡大によるもの。サムスンは2017年にGalaxy Note8を発売し、17年第3四半期の利益ベースのシェアは26%に、1台あたりの利益は31ドルに達した。

華為の1台あたり利益は15ドル

17年第3四半期、中国携帯電話ブランドの利益は初めて15億ドルを突破した。過去、アップルとサムスンがスマホ市場の利益をほぼ独占していた。国産携帯電話ブランドも徐々に利益を獲得し、アップルとサムスンからシェアを奪っていると言える。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2018年1月12日

メーカー別に見ると、華為の第3四半期のスマホ1台あたりの利益は15ドル、利益ベースのシェアは4.9%で、前年同期の3.3%を上回った。OPPOの1台あたり利益は14ドル、利益ベースのシェアは4.0%で、前年同期の4.2%より縮小。Vivoの1台あたり利益は13ドル、利益ベースのシェアは3.1%で、前年同期の3.7%より縮小。小米(シャオミ)の1台あたり利益は2ドル、利益ベースのシェアは41%だった。華為は3位につけ、国産携帯電話で最高位となった。

アップルは閉鎖システムで高利益を実現

iPhoneの1台あたりの平均利益は国産携帯電話の14倍に達する。では、これほど差があるのはなぜか。『通信世界全媒体』の劉啓誠編集長は記者に対し、アップルの利益が高いのは、「ブランドのプレミアムの高さ」「供給業社との価格交渉力の強さ」「iOSが閉鎖的」の3点が主な要因だと話す。

劉啓誠氏は、「長年にわたり、アップルの商品は口コミがよく、ユーザーに認められている。iPhoneの利益が高い理由はまず、定価が高く1台5000限前後すること。さらに、販売台数が多く、自然と利益も高くなる。コスト面で、アップルは供給業社と良好な関係を築き、コスト削減、量産化、スピーディーな生産が可能である。これはアップルが商品管理に厳しい上に、量産するため、世界最高クラスの材料を調達できるためである。また、アップルは材料費をすぐに支払い、供給業社との関係を促進した。そのほか、アップルの閉鎖的なiOSはAppストアに利益をもたらしている。国内メーカーにはこの面が欠けている」と話した。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2018年1月12日