五斤頂子は吉林省白山市靖宇県内の標高1252メートルの山で、山頂の小屋は三岔子林業局景山林場森林の防火情况を観察するため使用されている。一年のうち半分をここで過ごす牛勝国さんは、もう32年間も勤務している。

牛さんは麓から小屋まで大変な思いをして移動する。まずオート三輪に30分乗り、それから25キロの食糧を背負い2時間の山道を歩き、ようやく山頂に到着する。冬になると腰まで届く雪の中を歩く。長い場合、山頂まで8時間もかかる。

小屋の周辺20キロに人の気配はなく、彼一人だけが孤独に寂しく働いている。しかし牛さんは32年間働いても、この仕事をやめようと思ったことがない。「身体的条件が許す限り、この仕事をやり続ける」

五斤頂子は吉林省白山市靖宇県内の標高1252メートルの山で、山頂の小屋は三岔子林業局景山林場森林の防火情况を観察するため使用されている。一年のうち半分をここで過ごす牛勝国さんは、もう32年間も勤務している。

牛さんは麓から小屋まで大変な思いをして移動する。まずオート三輪に30分乗り、それから25キロの食糧を背負い2時間の山道を歩き、ようやく山頂に到着する。冬になると腰まで届く雪の中を歩く。長い場合、山頂まで8時間もかかる。

小屋の周辺20キロに人の気配はなく、彼一人だけが孤独に寂しく働いている。しかし牛さんは32年間働いても、この仕事をやめようと思ったことがない。「身体的条件が許す限り、この仕事をやり続ける」

五斤頂子は吉林省白山市靖宇県内の標高1252メートルの山で、山頂の小屋は三岔子林業局景山林場森林の防火情况を観察するため使用されている。一年のうち半分をここで過ごす牛勝国さんは、もう32年間も勤務している。

牛さんは麓から小屋まで大変な思いをして移動する。まずオート三輪に30分乗り、それから25キロの食糧を背負い2時間の山道を歩き、ようやく山頂に到着する。冬になると腰まで届く雪の中を歩く。長い場合、山頂まで8時間もかかる。

小屋の周辺20キロに人の気配はなく、彼一人だけが孤独に寂しく働いている。しかし牛さんは32年間働いても、この仕事をやめようと思ったことがない。「身体的条件が許す限り、この仕事をやり続ける」

五斤頂子は吉林省白山市靖宇県内の標高1252メートルの山で、山頂の小屋は三岔子林業局景山林場森林の防火情况を観察するため使用されている。一年のうち半分をここで過ごす牛勝国さんは、もう32年間も勤務している。

牛さんは麓から小屋まで大変な思いをして移動する。まずオート三輪に30分乗り、それから25キロの食糧を背負い2時間の山道を歩き、ようやく山頂に到着する。冬になると腰まで届く雪の中を歩く。長い場合、山頂まで8時間もかかる。

小屋の周辺20キロに人の気配はなく、彼一人だけが孤独に寂しく働いている。しかし牛さんは32年間働いても、この仕事をやめようと思ったことがない。「身体的条件が許す限り、この仕事をやり続ける」

五斤頂子は吉林省白山市靖宇県内の標高1252メートルの山で、山頂の小屋は三岔子林業局景山林場森林の防火情况を観察するため使用されている。一年のうち半分をここで過ごす牛勝国さんは、もう32年間も勤務している。

牛さんは麓から小屋まで大変な思いをして移動する。まずオート三輪に30分乗り、それから25キロの食糧を背負い2時間の山道を歩き、ようやく山頂に到着する。冬になると腰まで届く雪の中を歩く。長い場合、山頂まで8時間もかかる。

小屋の周辺20キロに人の気配はなく、彼一人だけが孤独に寂しく働いている。しかし牛さんは32年間働いても、この仕事をやめようと思ったことがない。「身体的条件が許す限り、この仕事をやり続ける」

五斤頂子は吉林省白山市靖宇県内の標高1252メートルの山で、山頂の小屋は三岔子林業局景山林場森林の防火情况を観察するため使用されている。一年のうち半分をここで過ごす牛勝国さんは、もう32年間も勤務している。

牛さんは麓から小屋まで大変な思いをして移動する。まずオート三輪に30分乗り、それから25キロの食糧を背負い2時間の山道を歩き、ようやく山頂に到着する。冬になると腰まで届く雪の中を歩く。長い場合、山頂まで8時間もかかる。

小屋の周辺20キロに人の気配はなく、彼一人だけが孤独に寂しく働いている。しかし牛さんは32年間働いても、この仕事をやめようと思ったことがない。「身体的条件が許す限り、この仕事をやり続ける」

五斤頂子は吉林省白山市靖宇県内の標高1252メートルの山で、山頂の小屋は三岔子林業局景山林場森林の防火情况を観察するため使用されている。一年のうち半分をここで過ごす牛勝国さんは、もう32年間も勤務している。

牛さんは麓から小屋まで大変な思いをして移動する。まずオート三輪に30分乗り、それから25キロの食糧を背負い2時間の山道を歩き、ようやく山頂に到着する。冬になると腰まで届く雪の中を歩く。長い場合、山頂まで8時間もかかる。

小屋の周辺20キロに人の気配はなく、彼一人だけが孤独に寂しく働いている。しかし牛さんは32年間働いても、この仕事をやめようと思ったことがない。「身体的条件が許す限り、この仕事をやり続ける」

五斤頂子は吉林省白山市靖宇県内の標高1252メートルの山で、山頂の小屋は三岔子林業局景山林場森林の防火情况を観察するため使用されている。一年のうち半分をここで過ごす牛勝国さんは、もう32年間も勤務している。

牛さんは麓から小屋まで大変な思いをして移動する。まずオート三輪に30分乗り、それから25キロの食糧を背負い2時間の山道を歩き、ようやく山頂に到着する。冬になると腰まで届く雪の中を歩く。長い場合、山頂まで8時間もかかる。

小屋の周辺20キロに人の気配はなく、彼一人だけが孤独に寂しく働いている。しかし牛さんは32年間働いても、この仕事をやめようと思ったことがない。「身体的条件が許す限り、この仕事をやり続ける」

五斤頂子は吉林省白山市靖宇県内の標高1252メートルの山で、山頂の小屋は三岔子林業局景山林場森林の防火情况を観察するため使用されている。一年のうち半分をここで過ごす牛勝国さんは、もう32年間も勤務している。

牛さんは麓から小屋まで大変な思いをして移動する。まずオート三輪に30分乗り、それから25キロの食糧を背負い2時間の山道を歩き、ようやく山頂に到着する。冬になると腰まで届く雪の中を歩く。長い場合、山頂まで8時間もかかる。

小屋の周辺20キロに人の気配はなく、彼一人だけが孤独に寂しく働いている。しかし牛さんは32年間働いても、この仕事をやめようと思ったことがない。「身体的条件が許す限り、この仕事をやり続ける」

五斤頂子は吉林省白山市靖宇県内の標高1252メートルの山で、山頂の小屋は三岔子林業局景山林場森林の防火情况を観察するため使用されている。一年のうち半分をここで過ごす牛勝国さんは、もう32年間も勤務している。

牛さんは麓から小屋まで大変な思いをして移動する。まずオート三輪に30分乗り、それから25キロの食糧を背負い2時間の山道を歩き、ようやく山頂に到着する。冬になると腰まで届く雪の中を歩く。長い場合、山頂まで8時間もかかる。

小屋の周辺20キロに人の気配はなく、彼一人だけが孤独に寂しく働いている。しかし牛さんは32年間働いても、この仕事をやめようと思ったことがない。「身体的条件が許す限り、この仕事をやり続ける」

五斤頂子は吉林省白山市靖宇県内の標高1252メートルの山で、山頂の小屋は三岔子林業局景山林場森林の防火情况を観察するため使用されている。一年のうち半分をここで過ごす牛勝国さんは、もう32年間も勤務している。

牛さんは麓から小屋まで大変な思いをして移動する。まずオート三輪に30分乗り、それから25キロの食糧を背負い2時間の山道を歩き、ようやく山頂に到着する。冬になると腰まで届く雪の中を歩く。長い場合、山頂まで8時間もかかる。

小屋の周辺20キロに人の気配はなく、彼一人だけが孤独に寂しく働いている。しかし牛さんは32年間働いても、この仕事をやめようと思ったことがない。「身体的条件が許す限り、この仕事をやり続ける」

五斤頂子は吉林省白山市靖宇県内の標高1252メートルの山で、山頂の小屋は三岔子林業局景山林場森林の防火情况を観察するため使用されている。一年のうち半分をここで過ごす牛勝国さんは、もう32年間も勤務している。

牛さんは麓から小屋まで大変な思いをして移動する。まずオート三輪に30分乗り、それから25キロの食糧を背負い2時間の山道を歩き、ようやく山頂に到着する。冬になると腰まで届く雪の中を歩く。長い場合、山頂まで8時間もかかる。

小屋の周辺20キロに人の気配はなく、彼一人だけが孤独に寂しく働いている。しかし牛さんは32年間働いても、この仕事をやめようと思ったことがない。「身体的条件が許す限り、この仕事をやり続ける」

五斤頂子は吉林省白山市靖宇県内の標高1252メートルの山で、山頂の小屋は三岔子林業局景山林場森林の防火情况を観察するため使用されている。一年のうち半分をここで過ごす牛勝国さんは、もう32年間も勤務している。

牛さんは麓から小屋まで大変な思いをして移動する。まずオート三輪に30分乗り、それから25キロの食糧を背負い2時間の山道を歩き、ようやく山頂に到着する。冬になると腰まで届く雪の中を歩く。長い場合、山頂まで8時間もかかる。

小屋の周辺20キロに人の気配はなく、彼一人だけが孤独に寂しく働いている。しかし牛さんは32年間働いても、この仕事をやめようと思ったことがない。「身体的条件が許す限り、この仕事をやり続ける」

五斤頂子は吉林省白山市靖宇県内の標高1252メートルの山で、山頂の小屋は三岔子林業局景山林場森林の防火情况を観察するため使用されている。一年のうち半分をここで過ごす牛勝国さんは、もう32年間も勤務している。

牛さんは麓から小屋まで大変な思いをして移動する。まずオート三輪に30分乗り、それから25キロの食糧を背負い2時間の山道を歩き、ようやく山頂に到着する。冬になると腰まで届く雪の中を歩く。長い場合、山頂まで8時間もかかる。

小屋の周辺20キロに人の気配はなく、彼一人だけが孤独に寂しく働いている。しかし牛さんは32年間働いても、この仕事をやめようと思ったことがない。「身体的条件が許す限り、この仕事をやり続ける」

五斤頂子は吉林省白山市靖宇県内の標高1252メートルの山で、山頂の小屋は三岔子林業局景山林場森林の防火情况を観察するため使用されている。一年のうち半分をここで過ごす牛勝国さんは、もう32年間も勤務している。

牛さんは麓から小屋まで大変な思いをして移動する。まずオート三輪に30分乗り、それから25キロの食糧を背負い2時間の山道を歩き、ようやく山頂に到着する。冬になると腰まで届く雪の中を歩く。長い場合、山頂まで8時間もかかる。

小屋の周辺20キロに人の気配はなく、彼一人だけが孤独に寂しく働いている。しかし牛さんは32年間働いても、この仕事をやめようと思ったことがない。「身体的条件が許す限り、この仕事をやり続ける」

五斤頂子は吉林省白山市靖宇県内の標高1252メートルの山で、山頂の小屋は三岔子林業局景山林場森林の防火情况を観察するため使用されている。一年のうち半分をここで過ごす牛勝国さんは、もう32年間も勤務している。

牛さんは麓から小屋まで大変な思いをして移動する。まずオート三輪に30分乗り、それから25キロの食糧を背負い2時間の山道を歩き、ようやく山頂に到着する。冬になると腰まで届く雪の中を歩く。長い場合、山頂まで8時間もかかる。

小屋の周辺20キロに人の気配はなく、彼一人だけが孤独に寂しく働いている。しかし牛さんは32年間働いても、この仕事をやめようと思ったことがない。「身体的条件が許す限り、この仕事をやり続ける」

五斤頂子は吉林省白山市靖宇県内の標高1252メートルの山で、山頂の小屋は三岔子林業局景山林場森林の防火情况を観察するため使用されている。一年のうち半分をここで過ごす牛勝国さんは、もう32年間も勤務している。

牛さんは麓から小屋まで大変な思いをして移動する。まずオート三輪に30分乗り、それから25キロの食糧を背負い2時間の山道を歩き、ようやく山頂に到着する。冬になると腰まで届く雪の中を歩く。長い場合、山頂まで8時間もかかる。

小屋の周辺20キロに人の気配はなく、彼一人だけが孤独に寂しく働いている。しかし牛さんは32年間働いても、この仕事をやめようと思ったことがない。「身体的条件が許す限り、この仕事をやり続ける」

五斤頂子は吉林省白山市靖宇県内の標高1252メートルの山で、山頂の小屋は三岔子林業局景山林場森林の防火情况を観察するため使用されている。一年のうち半分をここで過ごす牛勝国さんは、もう32年間も勤務している。

牛さんは麓から小屋まで大変な思いをして移動する。まずオート三輪に30分乗り、それから25キロの食糧を背負い2時間の山道を歩き、ようやく山頂に到着する。冬になると腰まで届く雪の中を歩く。長い場合、山頂まで8時間もかかる。

小屋の周辺20キロに人の気配はなく、彼一人だけが孤独に寂しく働いている。しかし牛さんは32年間働いても、この仕事をやめようと思ったことがない。「身体的条件が許す限り、この仕事をやり続ける」

五斤頂子は吉林省白山市靖宇県内の標高1252メートルの山で、山頂の小屋は三岔子林業局景山林場森林の防火情况を観察するため使用されている。一年のうち半分をここで過ごす牛勝国さんは、もう32年間も勤務している。

牛さんは麓から小屋まで大変な思いをして移動する。まずオート三輪に30分乗り、それから25キロの食糧を背負い2時間の山道を歩き、ようやく山頂に到着する。冬になると腰まで届く雪の中を歩く。長い場合、山頂まで8時間もかかる。

小屋の周辺20キロに人の気配はなく、彼一人だけが孤独に寂しく働いている。しかし牛さんは32年間働いても、この仕事をやめようと思ったことがない。「身体的条件が許す限り、この仕事をやり続ける」

「中国網日本語版(チャイナネット)」2017年12月7日