四川省ブン川地震で、瓦礫の下から奇跡的に救助された豚は5日、建川博物館で元気に暮らしていた。震災後、10回目の冬を迎えている。

この豚は2008年5月のブン川M8.0地震で、36日後に瓦礫の下から救助された。今や専門の飼育員がつき、元気に暮らしているばかりか、体重が200キロ前後に増えている。

四川省ブン川地震で、瓦礫の下から奇跡的に救助された豚は5日、建川博物館で元気に暮らしていた。震災後、10回目の冬を迎えている。

この豚は2008年5月のブン川M8.0地震で、36日後に瓦礫の下から救助された。今や専門の飼育員がつき、元気に暮らしているばかりか、体重が200キロ前後に増えている。

四川省ブン川地震で、瓦礫の下から奇跡的に救助された豚は5日、建川博物館で元気に暮らしていた。震災後、10回目の冬を迎えている。

この豚は2008年5月のブン川M8.0地震で、36日後に瓦礫の下から救助された。今や専門の飼育員がつき、元気に暮らしているばかりか、体重が200キロ前後に増えている。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2017年12月7日