中国人民銀行(中央銀行)が先ごろ発表した海外機関・個人による中国国内人民元建て金融資産保有状況によると、2017年9月時点で海外機関・個人が保有する国内人民元建て株式資産は1兆210億元に上り、初めて1兆元を超えた。上海・深圳をあわせたA株市場の時価総額は56兆元を上回り、外資の持株比率は依然として低いが、ここ3年で急速に上昇している。

資金構造に関するWind資訊のデータによると、11月7日時点の「滬股通(香港証券取引所経由による上海上場株式の売買)」資金は1895億3900万元、「深股通(香港証券取引所経由による深圳上場株式の売買)」資金は1415億4400万元と、合計で3300億元を超え、全体の外資持株比率の約3割に達した。滬股通と深股通は、外資機関と個人が人民元建て資産を保有するための重要な手段になったことが分かる。

株式保有スタイルをみると、外資は「白馬股(情報開示が進みリスクが低い銘柄)」と、業績が比較的安定している大型優良株を好み、保有期間は一般的に3カ月を超え、スタイルが安定して短期的な持高調整幅が小さい。Wind資訊の統計で株式保有の外資を代表するQFII(適格海外機関投資家)を例としてみると、2017年第3四半期に、A株のうちQFII保有流通株は計274銘柄、その時価総額は1342億7100万元に上った。セクター別では、従来型金融、白酒、家電、空港建設などがQFIIの人気を集めている。

招商基金国際業務部総監と招商資産管理(香港)有限公司総経理を兼任する白海峰氏は、海外機関がA株投資を手がけることは、中国市場の外資への開放が進んだことを示しており、国内資本市場の成熟と整備もそれを後押ししたと話した。今年に入ってからA株市場は次第に、業績や投下資本利益率、自律成長、主要業務収益モデルなどバリュー投資のモデル指標を重視するようになり、これと外資の保有株式の買い増しは大きく関係していると分析。また、MSCI新興市場指数に採用されていることも好材料で、外資がA株の保有高を増やす「架け橋」になったとみている。

富国基金策略部総監の馬全勝氏は、ここ数年にわたりA株市場へのグローバル資金流入が加速したことについて、中国経済に対する外資の信頼感の表れと指摘した。今年は外資のA株に対する資金配分が債券を大きく上回っている。投資スタイルについては、海外機関が一般的に、変動が少なく高配当の銘柄や、ニッチ分野でトップの個別株を好むと分析した。

「全体的にA株は今後、外資の影響により国際化が進んでいき、バリュー投資がA株市場の主要戦略になるだろう。資本市場がさらに成熟、整備され、バリュー投資基準を満たす優良企業が頭角を現し、これは経済モデル転換・高度化にも良い影響を及ぼす」。白海峰氏は、これからは投資家の投資理念を変える必要があり、企業の成長と価値のみに注目すれば、長期的に安定したリターンを得ることができるとの見方を示した。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2017年11月14日