長期に渡り、中国の企業債券(社債、企業債。株式会社の形態をとっていない国有企業が発行する債務証券も含む)は社会全体における直接融資の比率拡大、国民経済の健全な発展の促進に対して重要な役割を果たしてきた。中国国家発展改革委員会(発改委)の統計によると、中国共産党第十八回全国代表大会(「十八大」)以来、中国の企業債券発行件数は累計2206件、発行額は3兆2600億元と、その前の5年間と比べて34.36%増加した。

中国での企業債券の発行は1980年代に始まり、国家の重要戦略、重要計画実施の推進、重点プロジェクト建設資金の保障の重要な手段となってきた。社会資金の有効利用を通じて、企業債券は、三峡ダムプロジェクト、全国電力網整備、鉄鋼・化学・エネルギー産業の発展、低所得者向け保障性住宅の整備など、国家経済と国民生活に関わる重点プロジェクトの実施を支え、国民経済の急成長に向け強固な基盤を築いた。

新時期に入り、中国経済は新旧原動力の転換、経済モデル転換と高度化の要のステップに歩みを進めている。発改委は企業債券と実体経済を結び付け、低コストで長期の資金調達が可能な優位性を活かし、重点分野で重点プロジェクトの資金調達需要を効果的に満たしてきた。調達資金は主に、交通、エネルギー、保障性住宅などのインフラ整備と民生プロジェクトに充てられている。また、環境保護、旅行、高齢者介護など国家が強力に支援する産業で、投資プロジェクトの資金調達難や調達コスト高騰などの問題を緩和し、実体経済の発展を促した。

「十八大」以来、発改委は党中央と国務院の「放管服」(行政簡素化と権限委譲、緩和と管理の結合、サービスの最適化)改革の要求を全面的に実行し、企業債券発行管理体制改革を推進、計画目標の審査方式から市場承認方式への転換を実現した。そして、優良資産を保有し、経営能力と信用度が高く、優れた投資プロジェクトを手がける企業の債券発行を支持し、社会の直接融資の規模拡大を推し進めた。

2013年より、中国は企業債券について16の新たな種類を設け、債券市場の革新的発展を進めている。例えば、「市場志向型銀行債権の株式転換専門債券」は企業のデレバレッジを後押しし、「創新創業インキュベート債券」はイノベーション主導型発展戦略の実施を支援、「グリーンボンド」はグリーン発展と生態環境建設を推進する。「社会領域債券」は医療、高齢者介護、教育、文化、スポーツ、観光など社会分野の投融資の活性化を図る。「農村産業融合的発展債券」は、農村部の第1~3次産業の融合的発展を促す。「小規模零細企業増信集合債券」「中小企業集合債券」は中小零細企業の資金調達難、調達コスト高騰問題を緩和する。

供給側の構造改革、投融資体制改革をめぐり、中国は新たな企業債券の種類を積極的に作り出し、「三去一降一補」(過剰生産能力、不動産在庫の削減、デレバレッジ、 企業コストの引き下げ、脆弱分野の補強)を推進、多くの社会資金を呼び込み、経済のモデル転換と高度化を後押しした。近年、新しい種類の債券発行は累計359件、総額約4000億元に迫り、重点戦略分野と新興産業の資金調達需要を支持。多くの社会資金を呼び込み、国家が支援する産業と分野への資金流入を促した。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2017年10月12日