共同通信社は第48回衆院選について10、11日両日、全国の有権者約11万8900人を対象に電話世論調査を実施し、公示直後の序盤情勢を探った。自民党は小選挙区、比例代表で優位に立ち、公明党と合わせた与党で465議席中300議席超をうかがう。東京の小池百合子都知事が代表を務める希望の党は、60議席前後で伸び悩んでいる。日本メディアが伝えた。

元民進党議員の枝野幸男氏が率いる立憲民主党は、30議席台も視野。日本共産党は議席減、日本維新の会は微増にとどまりそうだ。投票先未定は小選挙区で54.4%に上り、22日の投開票に向けて情勢が変わる可能性がある。

公明党は最大でも公示前の35議席となり、割り込む公算が大きい。社民党は2議席確保の見通し。日本のこころは議席を確保できない可能性がある。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2017年10月12日