科学技術の急速な発達に伴い、私たちが暮らす都市の科学技術に関する要素は増えている。米国のサイト「ビジネスインサイダー」はこのほど、都市イノベーション研究機関の2thinknowの分析をもとに、世界のテック都市トップ85をまとめた。台北は5位、北京、上海、深セン、香港がトップ25に入った。1位はシリコンバレーがある米国のサンフランシスコ。続いてニューヨーク、ロンドン、ロサンゼルスの順となった。ランキングは1人あたりの特許申請件数、スマートフォン使用度、スタートアップ企業の数、科学技術のベンチャーキャピタルなどの科学技術の進歩と密接に関わる10項目の指標をもとに作成された。

台北はアジアトップとなった。外国メディアは、台北は工業設計とソフトウェア開発をリードし、ASUSや微星(マイクロスター)、技嘉(GIGABYTE)、宏碁(エイサー)などの世界的に有名なPC企業も多いと評価した。

以下はハイテク都市トップ25

1.サンフランシスコ

2.ニューヨーク

3.ロンドン

4.ロサンゼルス

5.台北

6.ソウル

7.ボストン

8.シンガポール

9.トロント

10.シカゴ

11.ダラス・フォートワース

12.東京

13.ストックホルム

14.バンクーバー

15.アムステルダム

16.北京

17.上海

18.モントリオール

19.バンガロール

20.深セン

21.ベルリン

22.香港

23.コペンハーゲン

24.バルセロナ

25.ワシントンD.C.

「中国網日本語版(チャイナネット)」2017年8月13日