イギリスの『デイリー・メール』によると、中国のスーパーコンピューターが世界最大の仮想宇宙を作り上げた。

報道によると、中国科学院の科学者は無錫市の国家スーパーコンピューターセンターで、「太湖之光」の1000万個のプロセッサを使って演算した。

中国科学院国家天文台数値宇宙学チームの高亮首席科学者は、「これはウォーミングアップに過ぎない。ビッグバンから数千万年後の情景をシミュレーションしただけである。これは宇宙形成の初期であり、多くの惑星はまだ誕生していない。今回作り出した仮想宇宙の規模はこれまでの記録の5倍である」と述べた。

『デイリー・メール』によると、中国の仮想宇宙のシミュレーションにかかった時間はわずか1時間だった。今年6月、チューリッヒ大学のチームは2兆のデジタル粒子から250億の仮想銀河を構成したが、その時は80時間かかった。

天文学者は物質を粒子にし、重力などの物理作用で仮想宇宙を作り出した。スーパーコンピューターが使用する粒子が多いほど宇宙進化の再現と予測は難しいため、自然とダークエネルギーの伝播は困難だとわかる。

「神威・太湖之光」は世界一の演算速度を誇るスーパーコンピューターで、中国が初めて米国の技術に頼らずに独自で開発したものでもある。

報道によると、中国は世界のスーパーコンピューターを引っ張り、人工知能技術にも優れている。中国が発表した『次世代の人工知能発展計画』は、10年以内に中国の人工知能産業の競争力を世界トップレベルにするとしている。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2017年8月12日