オーストラリア・中国商業委員会(ACBC)はこのほど、オーストラリアの首都キャンベラで、『繁栄のパートナー:オーストラリアが中国の投資から恩恵を受ける』というタイトルの研究レポートを発表した。同レポートは、ACBC、デロイト&トウシュ、オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)が共同で作成した。

レポートによると、2015年の中国によるオーストラリアでの投資額は750億豪ドル(約3860億元)に上った。鉄鉱石や石炭などのエネルギー産業がメインだった以前に比べ、ここ数年は交通、農産物、保健商品、不動産などの業界に投資が集中し、中国とオーストラリアの経済がサービス業主導へと転換しているトレンドが示された。レポートは、オーストラリアの農業、観光業、医薬・保険という3つの業界に対する中国の投資について重点的に研究。観光業を例に挙げ、中国からの旅行者数の大幅な増加と、同業界に対する中国の投資拡大により、現地のホテル、航空、飲食、旅行記念品などの派生産業がいずれも急速に発展したと分析している。

オーストラリアのターンブル首相は祝電で、中国とオーストラリアが共同で、世界とアジア太平洋地域の安定と繁栄に注力していると指摘。両国が長期的に信頼できる経済・貿易パートナーとして、経済の相互補完が両国にかつてない緊密な関係をもたらしたとの見解を示した。

オーストラリアのビショップ外務大臣は、オーストラリアの多くの業界が中国の投資により恩恵を受けていることをレポートが明らかにしたと説明。中国・オーストラリア自由貿易協定がオーストラリアでの中国の投資拡大につながり、オーストラリア経済の繁栄を促進するとの見方を示した。

ACBCのブランビー会長は、中国とオーストラリアの関係の重要性を強く肯定し、両国の関係が友誼と信任の上に構築されていると話した。同会長によると、中国の投資は、オーストラリアに非常に大きな収益をもたらすと同時に、就業ポストを作り出し、現地経済の発展を促進。中国によるオーストラリアでの投資が、オーストラリア経済の安定と発展に対して非常にポジティブな作用を発揮したことをレポートは明らかにした。中国・オーストラリア自由貿易協定は中国とオーストラリアの経済・貿易関係に活力を注入し、オーストラリア社会は今後さらに「一帯一路」建設に注目することになるだろう。

ANZのエリオットCEOは、中国とオーストラリアの関係発展には巨大な潜在力があり、将来的にオーストラリアへ多大な影響を及ぼすとの見解を示した。発表されたレポートの目的は、対中関係の発展がオーストラリア社会にどのような実質的なメリットをもたらすかを研究することと説明。「将来の見通しについて、中国とオーストラリアの双方向投資を持続的に開放・発展させることが、両国にとって長期的な繁栄を実現するカギになる」と述べている。

在オーストラリア中国大使の成競業氏は、今年は中国とオーストラリアの国交樹立45周年に当たると話した。45年の間に両国の関係は、小から大へ、浅いものから深いものへと変わり、成熟して穏健な発展の軌道に乗りつつある。中国とオーストラリアの関係は、単純な売買関係ではなく、含意に富んだパートナー関係だ。ACBCは、両国の関係発展を証言しただけでなく、それによってプラスの貢献を果たし、発表レポートで中国とオーストラリアの関係の重要性を際立たせた。2016年末時点で、中国はオーストラリアにとって第7の投資主体国、第5の投資相手国となった。両国の投資協力の潜在力は巨大で、中国企業に対するオーストラリア側の公平で良好な投資環境の提供の継続を期待したいとしている。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2017年6月19日