1月22日は旧正月(春節)の元旦に当たる日で、春運(春節期間の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制)の16日目でもある。春運期間中、鉄道、電力、民用航空など各部門が持ち場を堅く守り、移動交通サービスと安全管理を強化して、旅客の安全でムーズな移動を確保している。新華社が伝えた。

中国国家鉄路集団有限公司がまとめた統計によると、春節前の1月7-21日の15日間の春運で、中国全土の鉄道旅客輸送量が大幅に回復上昇して、延べ1億人を超える累計1億954万3千人に達し、前年同期に比べて延べ2348万6千人、27.3%増加した。一日当たり延べ730万人だった。また鉄道貨物輸送量が累計1億5592万トンに達し、鉄道貨物輸送は高水準の運営を維持した。(編集KS)

「人民網日本語版」より 2023年1月24日