習近平中共中央総書記(国家主席、中央軍事委員会主席)は9日午前、中国共産党第20期中央紀律検査委員会の第2回全体会議で重要談話を発表した。新華社が伝えた。

習総書記は「『全面的に厳格な党内ガバナンス』の道に終点はなく、大政党特有の難題を解決する冷静さと揺るぎなさを常に保つ必要がある。いかにして常に初心を忘れず使命を胸に刻むか、いかにして常に思想と意志と行動を統一させるか、いかにして常に強大な執政能力と指導水準を備えるか、いかにして常に事業を始め、行う精神を保つか、いかにして常に自らの抱える問題に直ちに気づき、これを解決するか、いかにして常に清廉・公正な政治の在り方を保つかは、いずれも大政党である我が党が解決しなければならない特有の難題だ。これらの難題の解決は、新たな時代、新たな道のりにおいて党の使命と任務を達成するために越えなければならない関門であり、全面的に厳格な党内ガバナンスが新たな情勢と新たな要請に適応するために達成しなければならない困難な任務である」と指摘。

「全面的に厳格な党内ガバナンスのシステムは、豊かな意味を持ち、機能を完備し、科学的で規範化された、効率的に運用されるダイナミックなシステムであるべきだ。このシステムを整備するには、制度と規則に基づく党内ガバナンスを堅持し、党の各方面の建設の有機的リンク、連動・統合、協同・協調を一層重視し、体制・メカニズムの整備と法規・制度の科学的有効性を一層重視し、ガバナンス理念、系統的観念、弁証法的思考の運用による党管理・党内ガバナンス・党建設を一層重視する必要がある。全ての内容と対象をカバーし、全ての責任と制度を貫くことを堅持し、全面的に厳格な党内ガバナンスのシステムをさらに整備し、全面的に厳格な党内ガバナンスの各取り組みを、より良く時代性を体現し、法則性を把握し、創造性に富むものにする必要がある」と強調した。(編集NA)

「人民網日本語版」2023年1月10日