「ご覧ください、赤いコモドオオトカゲがやってきました」レッドの列車がインドネシアのジャカルタ―バンドン高速鉄道(以下「同高速鉄道」)のテガルアール駅からゆっくり発車すると、現地の人気配信者は興奮しながら画面に向かい宣言した。彼のチャンネルのフォロワーは共に同高速鉄道の試験運行を見守った。

コモドオオトカゲはインドネシアの固有種で、世界で最も大きいトカゲだ。インドネシアの列車ファンは同高速鉄道を走るレッドの列車を「赤いコモドオオトカゲ」と呼んでいる。

同じような現地の配信者が近年、同高速鉄道のすべての節目を撮影している。重大な建設もしくはテストの節目になると、彼らはプロジェクトの現場付近を訪れ、ライブ配信により人々と共に重要な時を見守っている。同高速鉄道はすでに多くのフォロワーを持つ「人気者」になっている。同高速鉄道は最近の試験運行でスター待遇を受け、数十万人のフォロワーがライブ配信で視聴した。

同高速鉄道は東南アジア初の設計上の時速が350キロにのぼる高速鉄道プロジェクトで、インドネシアの人々が誇りとする国家級プロジェクトになっている。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2022年11月29日