中国有人宇宙事業報道官、中国有人宇宙事業弁公室主任補佐の季啓明氏は28日、神舟15号有人飛行任務発表会の席上、「中国有人宇宙事業弁公室が国際連合宇宙局や欧州宇宙機関と共に選んだ多くの宇宙科学応用プロジェクトが計画に基づき実施中だ。関連ペイロードは来年より中国宇宙ステーションに入り実験を展開する」と述べ、次のように続けた。

宇宙ステーションが応用・発展段階に入った後、中国は引き続き開放・共有の発展理念を貫き、宇宙の平和的利用に取り組む国・地域と共に、より多くのより掘り下げた実務協力を展開する。中国宇宙ステーションの科学技術の成果で全人類に福をもたらす。

他国の宇宙飛行士が中国宇宙ステーションに入り実験を展開することについて、我々は常に歓迎している。現在すでに多くの国から、中国宇宙ステーション飛行任務に宇宙飛行士を派遣する需要が示されており、関係者と調整中だ。また海外宇宙飛行士の訓練に関する準備作業を積極的に行っている。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2022年11月29日