11月27日、上海市静安区にある張園西区が再開放された。張園は1882年に建設が始まり、上海に現存する最も大規模で保存状態が良好、種類が多い中後期の石庫門建築群で、上海が最初に保護性徴収改造に着手した都市再開発プロジェクトでもある。この石庫門が4年の保護性修繕を経て、再開放された。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2022年11月28日