ブルームバーグは22日、「米国が中国への半導体製造装置の禁輸を呼びかけ、オランダは反発」と題した記事を掲載した。それによると、オランダのスフライネマッハー外国貿易・開発協力相は同日、中国への半導体製造装置の輸出問題について、オランダは自国の経済的利益を守ると表明した。スフライネマッハー氏は同問題に関するオランダ政府の態度を1週間内に2回表明した。スフライネマッハー氏は18日にオランダメディアのインタビューで、同国が米国の禁輸措置に「完全にならう」ことはなく、米国や日本などの国と協議した後に自ら評価すると強調した。オランダ高官によるこの発言は、中国への半導体技術の供給を断ち切ろうとする米国の狙いに乗らないことを意味する。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2022年11月24日