記者の調べによると、建築業界には密かに重要な変化が生じている。先進製造技術、次世代情報技術の持続的な融合により、プレハブ住宅が日増しに普及している。住宅・都市農村建設部の最新データによると、今年上半期の全国新規着工プレハブ住宅が新規着工建築面積に占める割合が25%を超えている。住宅・都市農村建設部、国家発展改革委員会が今年6月に通達した都市・農村建設分野CO2排出ピークアウト実施案は、2030年までにこの割合を40%にするとした。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2022年11月23日