アディスアベバ・ジブチ鉄道は中国中鉄傘下の中鉄二局と中国土木工程集団有限公司が共同で建設・運営する、エチオピアとジブチを結ぶアフリカ初の国境を越える電気鉄道である。全長752.7キロメートル。アディスアベバ・ジブチ鉄道は2018年に運営を開始して以降、輸送サービスを充実化させ、輸送収入は高成長を維持している。2021年、旅客車運行本数は449本、貨物列車は1469本、コンテナ輸送数は7万7357TEUとなった。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2022年9月23日