国家統計局は21日、「中国共産党第18回全国代表大会以降、中国の交通運輸業と郵政・電気通信業のインフラネットワークが日増しに十全化し、新技術・新業態が力強く発展した。サービスの質が持続的に向上し、戦略的支援力が絶えず強化された」と発表した。

中国の交通運輸・倉庫保管・郵政業付加価値額の2013−21年の年平均増加率は実質6.9%、全国交通運輸業累計投資額は27兆元超で、運輸インフラネットワークが日増しに十全化した。昨年末現在の中国の鉄道営業距離は2012年比54.4%増の15万1000キロ、道路は24.6%増の528万キロ。中国の昨年の宅配便業務量は1083億件で、2013−21年の年平均増加率は38.7%。

中国共産党第18回全国代表大会以降、中国は次世代情報インフラの構築を加速し、世界最大規模の光ファイバーネットワークと4G・5Gネットワークを完成させた。中国の昨年末現在の光ケーブル全長は5481万キロで、4G基地局が占める割合は14年の24.2%から59.2%に上がった。5Gネットワークはすでに全国のすべての地級市の市街地をカバーしている。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2022年9月22日