中国経済は現在、安定しつつ回復する重要な時期を迎えている。データによると、インフラ投資関連のコンクリートなどの建材の出荷率が持続的に回復し、投資の伸び率の反転上昇に期待できる。自動車消費の盛り上がりのけん引を受け、住民の消費回復がより顕著になっている。

専門家は、各種要素の総合的な影響により、第3四半期の経済成長率は第2四半期より大きく回復し、安定成長策が持続的に内需拡大に積極的に寄与し、経済回復の好転の流れを固めると見ている。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2022年8月5日