住宅・都市農村建設部の発表によると、今年上半期の全国の建設中共同溝プロジェクトは68件、計画建設規模は285キロメートルで、投資総額は294億元を予定している。累計で33キロの構造物の建設、26億元の投資が完了している。また、後続の重点プロジェクトリスト(着工前の準備を終えているプロジェクトと、一部の建設中のプロジェクトが含まれる)が初歩的に作成され、資金の需要が2000億元を超えている。

地下共同溝の建設は2015年に試行が始まった。今年6月末までに全国の279都市と104県で着工された共同溝プロジェクトは1647件、全長は5902キロで、3997キロの構造物が形成された。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2022年8月5日