中国の高速鉄道初のスラブ軌道海上斜張橋である、福厦鉄道安海湾特大橋のスラブ軌道の施工が4日午前、完了した。中国鉄建大橋局の建設者は高速鉄道海上斜張橋のスラブ軌道の施工の難題を解消し、高速鉄道スラブ軌道施工の重大な進展を手にした。時速350キロの高速列車は海上の橋を渡る際に減速する必要がなく、650メートルのメインブリッジを7秒以内に渡る。

福厦高速鉄道は中国初の海上高速鉄道で、設計上の時速は350キロ、全長は277.42キロ。開通後、福州〜アモイの移動時間が1時間内になり、福建省沿岸部の「1時間経済圏」を作るため力強い原動力を提供する。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2022年8月5日