各地は8月に入り再び、文化・観光、スポーツ、飲食などの各種商品券の発行を計画している。市場の消費の自信を強め、消費市場の質向上及び拡大を急ぎ、産業チェーンの高度化をけん引する。

専門家は、「全国各地は今年、積極的に消費をけん引しており、商品券の発行の規模を拡大し頻度を上げている。観光、飲食、宿泊、娯楽などの感染症からの影響が深刻な業界に重点的に焦点を絞っている。これは人々の消費の意欲を効果的に掻き立て、消費の規模を拡大し、経済安定と成長安定に向け効果を発揮できる。その一方で、感染症の影響によるこれらの業界の経営難を効果的に和らげ、企業支援の効果を発揮できる」と述べた。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2022年8月5日