習近平国家主席は14日、アラブ首長国連邦(UAE)のハリファ前大統領が病のため逝去したことを受け、弔意を伝える電報をムハンマド新大統領宛に送った。新華社が伝えた。

習主席は中国の政府と国民を代表して、また個人として、ハリファ前大統領の逝去に深い哀悼の意を表し、ハリファ前大統領の親族及びUAE国民に心からのお悔やみの言葉を述べた。

習主席は「ハリファ前大統領はUAEの政治的安定の維持と経済・社会発展の促進に尽力し、UAE国民に深く尊敬され、敬愛されていた。ハリファ前大統領は生前、中国とUAEの友好に尽力し、中国・UAE関係の発展促進に積極的に尽力した。ハリファ前大統領の逝去はUAE国民にとって多大な損失であり、中国国民も良き友人を失うこととなった。中国の政府と国民は、UAEとの親善を非常に重視している。互いの努力で、中国とUAEの包括的な戦略的パートナーシップは必ずや絶えず打ち固められ、発展していくものと信じる」と強調した。(編集NA)

「人民網日本語版」2022年5月16日