中央銀行と銀行保険監督管理委員会は15日、「差別化住宅ローン政策の調整の関連問題に関する通知」を発表した。居住目的の一般住宅を購入する世帯へのローンについて、1戸目住宅商業性個人住宅ローン金利の下限を、相応する期限の最優遇貸出金利(LPR)を20ベーシスポイント超下回るよう調整した。2戸目住宅商業性個人住宅ローン金利の下限は据え置き。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2022年5月16日