就学前教育の普及と包摂的発展の促進をさらに加速するため、財政部はこのほど2022年就学前教育発展支援資金を230億元投入した。前年比30億元増(15%増)で、中央の地方への各種教育移転支出のうち最大の伸び幅となった。資金の主な使途は下記の通り。

(1)包摂的資源の供給の拡大、公立幼稚園の新設・増改築、包摂的民営幼稚園の発展の助成などの支援。(2)地方による包摂的就学前教育経費投入メカニズムの健全化、公立幼稚園の園児1人平均財政支出基準もしくは1人平均公用経費基準、包摂的民営幼稚園補助基準の施行の支援。(3)地方による幼児資金援助制度、困窮世帯の幼児への資金援助、孤児及び障害児を対象とする就学前教育の強化の支援。(4)包摂的幼稚園経営条件の改善、適した知育玩具及び絵本の設置、保育・教育の質向上の支援。

資金分配時には、農村振興重点支援県に優先的に分配する。同時に脱貧困地域の就学前教育の支援を引き続き拡大する。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2022年5月16日