シャクヤクの花を摘むチベット族の女性(撮影・胡宇)。

四川省綿陽市平武県黄羊関蔵(チベット)族郷に約47ヘクタールにわたって広がるシャクヤクの花がこのほど満開を迎えた。咲き誇る花々はピンク色の花畑となり、近隣から多くの観光客や撮影マニアが訪れ、観賞や写真撮影を楽しんでいる。人民網が伝えた。

満開を迎えたシャクヤクは、郷村を美しく彩るだけでなく、農民の所得増にも大いに貢献している。黄羊関チベット族郷のシャクヤク栽培は、悠久の歴史を誇り、同郷では、数年前から、シャクヤク栽培業と観光業を結び付け、郷村観光の発展に取り組み、郷村振興を推進してきた。かつては辺鄙だった田園地帯が、今では遠方までその名を馳せる「花の里」になっている。(編集KM)

「人民網日本語版」2022年5月13日