今年4月以降、広東省と地域の政策に後押しされ、広州市の自動車市場は勢いづいている。4月上旬、広州市は「自動車消費祭」活動を開始し、市内で60回以上の自動車消費シリーズ活動を実施し、値引き、総合手当、金融優遇などの方法で販売を促進し、自動車消費の持続的回復を後押しした。5月、広州市商務局は市内の自動車購入者に1000元の消費券を支給した。この消費券は政府手当に属し、販売店はコストを負担する必要がなく、クレジットカードで決済し、金額が2万元以上だと受け取ることができる。

以前発表された『広東省の消費促進に関する若干措置』によると、広州市は昨年開始した自動車下取り政策を継続し、新エネルギー車購入で最大1万元の手当を受け取ることができる。また、新エネルギー車の購入も奨励している。5月1日から6月30日まで、広東省の下取り政策の対象となっている新エネルギー車を購入する個人消費者に対し、1台あたり8000元の手当を支給する。期間中、広州市は3万以上の自動車購入指標を追加し、自動車購入ニーズを満たす。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2022年5月14日