公共文化サービスは人民の基本的な文化の権利を実現・維持し、発展させる主な手段であり、人民本意の発展思想の文化建設における重要な表れでもある。中国共産党第18回全国代表大会(十八大)の開催以降、中国は現代公共文化サービス体制の構築を人心プロジェクトとし、政府主導・社会参与・共同構築と共有を堅持し、都市・農村と知育文化のバランスの取れた発展を推し進め、都市と農村をカバーし、便利で効率的、基本的、公平を促す現代公共文化サービス体制の形成を加速化してきた。

公共文化のハード面の施設のレベルは絶えず向上し、庶民は近所で文化を堪能できるようになった。公共文化のソフト面のサービスレベルも絶えず向上し、公共文化サービスはより親切になった。公共文化は情報化の発展に順応し、オンラインやクラウドによりサービスをいつでもどこでも受けられるようになった。

人々の文化ニーズを満たし、精神力を高め、素晴らしい生活への新たな期待を満たすうえで、公共文化サービスは潜在力が大きく、範囲も広い。我々は公共文化サービスのレベルの向上に入念に取り組み、人々がより充実し質の高い精神文化生活を享受できるように貢献していく必要がある。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2022年5月14日