今年に入り、浙江省湖州市呉興区は小中学校の労働実践教育を常態化させている。学生の年齢と学校の特徴に合わせ、時間ごとの「校務労働」と「家庭労働」の2項目のリストを作成し、清掃、家事、野菜・果物のカットなどの労働教育の常態化を小中学校の授業に取り入れ、学生の実践能力を高めている。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2022年5月14日