北京市高級自動運転モデル区作業事務局は28日、『北京市スマートネット接続型自動車政策先行区乗用車無人化道路テストとモデル応用管理実施細則』を発表し、国内で初めて乗用車無人化の運営試行地を開放した。「運転席の無人、助手席の安全員配備」という無人運転形式を採用し、第1陣で14台の無人車両を北京市にモデル導入する。

今回の試行地の開放は「運転席の無人、助手席の安全員配備」という無人運転を実現する。北京市高級自動運転モデル区作業事務局の孔磊主任によると、試行地は距離、受け入れ数、安全運行要求、利用案内、モバイルアプリなどの面から申請する主体、テスト車両、安全員に明確な条件を設ける。これは全国初の政策を通し、条件を満たす主体を対象とした無人化モデル応用とビジネス化試行活動となる。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2022年5月14日