7万5000軒以上の椎茸栽培ハウスが県内全域の谷にあり、3万6000世帯11万8000人が椎茸栽培に従事し、椎茸の生産規模は3億6000万本に達する。椎茸の年間生産量は36億トンに達し、河南省の生産量の10%、全国の生産量の3%を占める。河南省盧氏県のデータは「中国の椎茸生産最大県」の実力を示した。

東明鎮澗北村の椎茸生産基地で、生産者の謝陽陽さんはタッチパネルを操作し、林海興華公司の原料調達から菌床生産までの全工程、および28カ所の椎茸生産基地の2000軒以上の標準化椎茸栽培ハウスの生産状況を確認している。それだけでなく、3500世帯以上の椎茸農家が出荷する椎茸の数、ランク、当日の椎茸の18のランクの販売価格、販売量、在庫、商品のトレースも明確に記録・表示される。

盧氏県では、科学技術の応用が椎茸生産分野で進んでおり、科学技術のグレードアップに伴い、「椎茸の都」の実力も多くの人に認められるようになった。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2022年5月14日