「ワシントン・ポスト」などの米メディアは、バイデン政権は月内に米政府高官の北京冬季五輪への派遣を見送ると発表し、中国政府による「人権侵害行為」に態度を示す見通しだが、米国人選手の出場に影響はないと伝えた。

米国は北京冬季五輪をボイコットするため苦心惨憺している。これまで米国の国会議員と政府当局者は頻繁に五輪スポンサーに北京冬季五輪を辞退するよう圧力をかけてきたが、余りにも多くの利害関係者のパイに関わるため、何度も壁に突き当たった。また、選手を派遣しなければタブーを犯すことになる。かつて大国は相手国の五輪をボイコットし、多くの選手の五輪の夢を葬った。米国は二度とこの「パンドラの箱」を開き、歴史の汚名をかぶることができない。あれこれ考えると、「外交ボイコット」が低コストであり、仮に他国が関わり合いになろうとしなくても中国の気分を害することができる。中国が気にするならば嫌がらせをしようというわけだ。

スポーツの政治化は冷戦時代に始まり、珍しくもない。率直に言えば誰もが唾棄して顧みない境地に陥っている。いわゆるボイコットの効果についても、弄んでいる本人たちでさえ内心良く分かっているはずだ。中米関係があまり親密ではない状況下、主催国も米国の首脳を招くつもりはないだろう。米国の北京冬季五輪ボイコットは、体面よく引っ込みをつけるための口実に過ぎない。

五輪の規則によると、米政府当局者が五輪に出席するためには、米五輪委員会から招待しなければならず、かつ最終決定権は国際オリンピック委員会(IOC)が握る。主催国の中国が米政府当局者を北京冬季五輪に招待していないのに、「外交ボイコット」とはどういうわけか。そのため米国人が来ないことには2つの可能性がある。つまり米五輪委員会が彼らを招待していないか、米政府が米五輪委員会の招待を拒んででも自国の選手を現場で応援したくないということだ。

当然ながら礼節を重んじる中国は常にもてなし好きだ。来るならば決まりを守って来るべきで、そうすれば中国は自ずと礼をもって遇する。来ないならばどうぞご自由に、誰も頼んでなどいない。五輪精神に背き五輪を政治の道具にする者の冬季五輪出席を歓迎しないし、もてなすこともない。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2021年11月25日