感染症の発生後、オンラインフィットネス、リモートワーク、オンライン医療、オンラインエンタメなどの消費の新業態・新モデルが急成長している。多くの非接触式のデジタル消費の新しいシーンを生み出している。

今年の「ダブル11」期間中、オンラインフィットネス製品が消費者から広く注目された。「FITURE魔鏡」を始めとする国産スマートフィットネスミラーはさらに、多くの若者の新たな人気商品になった。企業のデータによると、「FITURE魔鏡」のユーザーの今年10月までの月平均運動回数は14.6回で、実際の1回あたり利用料金は21.6-44.5元となっている。

感染症によりライフスタイルを変えた消費者は少なくない。消費の方法及びその需要の変化に伴い、中国のオンライン消費は規模が大幅に拡大した。また消費財もかつてのデジタル製品、家電、食品、衣料品、家庭用品、スキンケア・コスメなどから、さらに生鮮食品、健康サービス、フィットネスなどのコロナ前はオフライン消費が中心だった品種に拡大した。

コロナ禍に病院を訪れると院内感染などのリスクがあるため、オンラインの非接触式医療が消費者から広く受け入れられている。現在「インターネット+医療」により、患者は携帯アプリで予約を入れ、受診し、費用を支払い、オンラインで診療と再診を受け、症状について問い合わせをするといったすべての診療サービスを受けられる。

張小双氏は、「インターネット病院の登場により、外に出なくても専門医から提案を受けられる。我々も自分の健康のためお金を支払うことに意欲的になる」と述べた。「平安好医生」のデータによると、昨年の感染拡大期間だけでも同プラットフォームのアクセス数は11億1000万回にのぼり、新規登録ユーザー数が10倍増え、プラットフォームの1日平均アクセス数が通常の9倍にのぼった。これらのデータの伸びが、消費者が与えた声なき高評価であることは間違いない。

また文化・娯楽サービスの消費の需要がオンラインに移った。オフラインの映画やコンサートなどの消費と支出がオンラインデジタルコンテンツの課金に変わり、文化・娯楽サービスの消費規模拡大を支えた。

ポストコロナ時代の需要側を見ると、消費ルートがオフラインからオンラインに全面的に移行する。家族構成の変化が個人の心身の健康や喜びを全面的に向上させる。供給側を見ると、技術進歩が駆動する商品及びサービスの高度化と更新、個人と各シーンにマッチする需要が生む革新の波が市場により多くの消費の選択肢を提供する。消費者のニューノーマルにおける消費の新しい需要を満たすと同時に、優秀ブランド、特に国産ブランドのためより大きな発展を切り開く。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2021年11月25日