重陽節の前日、中国住民の養老保障に再び朗報があった。「経済参考報」の調べによると、高齢化に積極的に対応し、老後の悩みを着実に解消するため、関連部門は基本養老サービス体系の建設を集中的に検討・手配・推進している。基本養老サービス制度枠組みの構築を急ぎ、基本養老サービスリストと指導リストの作成を検討し、都市部・農村部の統一的な計画を強化し、基本養老サービスの均等化を促す。トップレベルデザインの方針が徐々に明らかになると同時に、多くの地方も基本養老サービスの制度設計の検討を急ぎ、続々と関連文書を発表している。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2021年10月14日