中国(広西)自由貿易試験区南寧片区管理委員会の12日の説明によると、同片区は近年、中国・ASEAN金融城の建設を急ぎ、1万社弱の各種企業及び機関を集め、地域金融発展をけん引する中心的な成長源になっている。

中国・ASEAN金融城オンラインサービスプラットフォームが同日、正式にリリースされた。同プラットフォームは中国・ASEAN企業に政策問い合わせ、サービス予約、企業宣伝、ビル展示、入居先選択、投融資需要登録などのサービスを提供する。南寧市によるASEAN向けの金融開放の窓口の構築を支える。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2021年10月13日