国家衛生健康委員会は14日、健康中国行動の合理的食事行動の実施2年の進捗と成果に関する会見を開いた。

国家衛生健康委員会食品安全標準・観測評価司の劉金峰司長は、「中国は現在まで、2万以上の指標に関わる1366種の食品安全標準を発表している。これらの標準はさまざまな角度から食品安全リスクを管理・制御しており、中国住民が消費する主な食品類別、主な健康危害要素、重点対象者の栄養の需要を網羅している」と述べた。

劉氏はまた、「全体的に見ると、すでに畑から食卓までの、世界と一致する食品安全国家標準体制を構築済みだ」と話した。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2021年9月15日