広州医科大学附属市第八人民病院の唐小平教授、李鋒教授のチームは広州医科大学附属第一病院広州呼吸健康研究院の鐘南山院士、陳如衝教授のチームと協力し、デルタ株による5月21日の新型コロナウイルス感染拡大に的を絞り、疫学及びウイルスゲノムシーケンシング技術を結びつけ、世界で初めてデルタ株の完全な感染経路を正確に描き出した。また臨床資源と結びつけ、その感染者の臨床上の特徴及びウイルスの動力学的特徴を各方面から描き出した。この研究成果はこのほど、国際的に権威ある医学誌「ランセット」の姉妹誌「EClinicalMedicine」に掲載された。

研究者によると、デルタ株は潜伏期間が短く急速に感染拡大する。平均的な潜伏期間はわずか4.7日で、野生株の6.3日より非常に短い。さらなるサブグループ分析によると、非重症グループのうちデルタ株感染者のウイルス潜伏期間は4.0日で、野生株の6.0日よりも非常に短い。デルタ株は10日内に4世代まで感染拡大し、うち次の世代への感染にかかる時間は最短で24時間未満。

野生株と比べると、デルタ株感染者のウイルス量は非常に多い(前者のCt値の平均は34.0で、後者は20.6。Ct値が低いほどウイルス量が多い)。デルタ株感染者の陰性化の時間も野生株感染者より非常に長い。

さらに研究者によると、デルタ株感染は重篤化の危険要素だ。60歳以上の高齢者の新型コロナウイルス感染者のうち、デルタ株の重篤化のリスクは野生株を1.45倍上回る。しかもデルタ株に感染してから重篤化するペースは野生株より2.98倍早い。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2021年9月15日