北京市発展改革委員会が14日に発表した情報によると、グリーンな発展理念を貫徹し、立ち退き空間を十分に活用するため、北京市は2018年より累計で公園・緑地を73カ所新設している。その総面積は約4200ヘクタールで、オリンピック森林公園の約6個分に相当する。うち48カ所の公園はすでに開業しており、残りの25カ所は来年末までにすべて完成し、使用開始となる見通し。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2021年9月14日