ロシアのスプートニクの8月2日の報道によると、ジュネーブ大学病院の最高伝染病学者のディディエ・ピタイト氏は、新型コロナウイルスに似たウイルスが2013年から存在した可能性があると示した。しかし、ウイルスが人為的に作られたことを意味するわけではないが、2013年に新型コロナウイルスに似たウイルスを発見した事実を隠していたことを示す可能性があるとした。また、ピタイト氏は、新型コロナウイルス感染症がパンデミックになる前に、欧州人とアジア人が新型コロナウイルスに感染していた証拠があると話した。

「中国網日本語版(チャイナネット)」2021年8月4日